グループホーム外部評価

外部評価とは

 平成18年の介護保険法改正により創設された地域密着型サービスのうち、小規模多機能型居宅介護事業所および認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)については、自ら提供するサービスの自己評価及び外部評価が指定基準により義務付けられています。

 自己評価は、サービス水準の向上に向けた自発的努力と体制づくりを誘導し、その内容及び範囲において、これらの指定基準を上回るものとして設定されるものであり、外部評価は、第三者による外部評価の結果と、当該評価を受ける前に行った自己評価の結果を対比して両者の異同について考察した上で、外部評価の結果を踏まえて総括的な評価を行うこととし、これによって、サービスの質の評価の客観性を高め、サービスの質の改善を図ることを狙いとするものです。

 

外部評価免除制度とは

 5年間継続して外部評価を実施している事業所で、(1)自己評価・外部評価結果及び目標達成計画を市町村に提出していること(2)運営推進会議が過去1年間に6回以上開催されていること(3)運営推進会議に事業所の存する市町村の職員又は地域包括支援センターの職員が出席していること(4)外部評価項目の3,5,6,9(平成22年度からは2,3,4,7)の実施状況が適切であること、以上の要件を全て満たしている事業所は、平成24年度の外部評価を免除されることになりました。これにより、「外部評価の実施回数が2年に1回」となります。

 シャイニングの2事業所は24年度・26年度・28年度の外部評価について免除事業者に決定しました。

 

★認知症グループホームの相互評価に参加します★

 グループホーム同士が相互評価を行うことで「介護の質の向上」をはかります。モデル事業で道北では3つのグループホームで行いました。

(スタッフひとりひとりの自己評価・他の会社・事業所の調査員により評価を2回にわたって行います)

参加グループホーム グループホームファミリー

          グループホームぞう

          グループホーム和が家

 

グループホームシャイニング外部評価

グループホームファミリー外部評価

 

 

北海道認知症グループホーム協会正会員

旭川グループホームケア研究

正会員

シャイニングのグループホームが旭川市の健康男子応援企業に認定されました